オオムラサキシキブ(大紫式部)

Callicarpa japonica var. luxurians


オオムラサキシキブ

  • 科名・属名

  •  クマツヅラ科 ムラサキシキブ属

  • 特徴

  •  高さ2〜3mの落葉低木。
     ムラサキシキブの変種で、枝は太く葉や花序も大きい。
     葉は対生し、卵形〜楕円形で長さ10〜25cm。質は厚くて光沢があり、裏面には細かな腺点が多い。
     花は葉腋からムラサキシキブより大形の集散花序を出し多くの小さな花を多数つけ、花冠は淡紫色で径約4mm、先は4裂し、裂片は平開する。
     果実(核果)は球形で径約4mm、紫色に熟す。
     花が白いものがあり、
     ●オオシロシキブ(f. albifructa)(右下の写真)という。

  • 分布・生育地

  •  本州(東海地方以西)、四国・九州(南部)、沖縄
     海岸近くの林縁

  • 花期
  • :  6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月5日  沖縄県西表島
     中上・花 2005年6月11日    同  上
     中下・淡色花 2014年9月4日    同  上
     下左・果実 2011年12月10日    同  上
     下右・オオシロシキブ 2014年9月4日    同  上

  • 撮影記

  •  本州(東海地方以西)から四国・九州の南部、沖縄の海岸近くで見られるムラサキシキブの変種である。
     和名のようにムラサキシキブより葉や花序が大きくて多数つき、果実もやや大きい。
     沖縄の道路を走っていると、時々紫色の果実がぶら下がっている光景を目にするが、脇見運転には気をつけて。

    オオシロシキブ

    同じ科の仲間の花
花

淡色花 果実