ソナレマツムシソウ(磯馴松虫草)

Scabiosa japonica forema littoralis


ソナレマツムシソウ1

  • 科名・属名 :
     マツムシソウ科 マツムシソウ属
     注.APG分類ではスイカズラ科(CAPRIFOLIACEAE)、学名(Scabiosa japonica var. lasiophylla)

  • 特徴 :
     草丈10〜25cmの2年草。
     マツムシソウの海岸型で、草丈が低く、葉が厚い。
     頭花は上向きに咲き、径約4cmで淡紫色〜青紫色。中心の花冠は筒状で5裂し、周辺部は唇形。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東、東海地方) (国外:日本固有?)
     海岸の岩場、草地

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     1995年10月14日  神奈川県三浦半島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中   同  上
     下左・花 2015年9月5日  静岡県熱海市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     秋の三浦半島は夏の喧騒とはすっかり様変わりし、砂浜に数人のサーファーが見られるだけだった。
     そんな光景を見下ろせる海岸の崖に、へばりつくようにしてこの花が咲いていた。
     マツムシソウの海岸型で、草丈が低くて葉が厚くて丸い(下の写真で葉の様子などよくわかる)のが特徴である。
     神奈川県〜千葉県の海岸の草付斜面で見られるものの、数が少なくなってきている。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ソナレマツムシソウ2

花