タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)

Scabiosa japonica var. alpina


タカネマツムシソウ1

  • 科名・属名

  •  マツムシソウ科 マツムシソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜40cmの2年草。
     マツムシソウの高山型で、母種に比べ頭花が3〜5cmと大きく、萼片の針状裂片は4mmと長い。
     花は淡紫色。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北地方南部〜中部地方)、四国
     高山の草地や礫地

  • 花期
  • : 8月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年8月11日 長野県八方尾根
     下 2005年8月5日 愛媛県東赤石山

  • 撮影記

  •  高原に生えるマツムシソウに比べると、草丈の低い割には大きな花をつけ、色も濃い。
     北アルプスの八方尾根は、ゴンドラやリフトで手軽に高山植物が楽しめる山で、7〜8月に訪れると誰でも青紫色のこの花を目にすることができる。
     ただ、この山には沢山あるのに、高山植物の宝庫であるすぐ近くの白馬岳では、この花のある場所は限られていて数も少ない。
     四国の高山にも分布しており、東赤石山で見かけた時は懐かしい感じがした。
タカネマツムシソウ2