エゾムラサキ(蝦夷紫)

Myosotis sylvatica


エゾムラサキ

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 ワスレナグサ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     茎には開出する粗い毛がまばらにある。
     葉は基部のものはさじ形、茎につくものは倒披針形で長さ2〜6cm。上部のものは茎を抱く。
     花は直径6〜8mm、淡青紫色で、花序は花後伸びて10〜25cmになる。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(中部) 深山の林下

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1985年7月7日 北海道夕張岳
     アップ 2004年6月13日 長野県上高地

  • 撮影記

  •  キュウリグサを大きくしたような花で、深山の林下に生える。
     夕張岳で見かけたもののカット数が少なかったので、この花の群生で有名な上高地に出かけた。
     いつ行っても観光客の多い上高地、遊歩道脇の林下のあちこちにこの花が見られた。
     花は小さいが、近寄ってみると青紫色と中心部の黄色とのコントラストが可愛い。

    同じ科の仲間の花
花アップ