ハマベンケイソウ(浜弁慶草)

Mertensia maritima subsp.asiatica


ハマベンケイソウ

  • 科名・属名

  •  ムラサキ科 ハマベンケイソウ属

  • 特徴

  •  茎は地面を這って伸び、大きい株では、枝分かれして1mにもなる多年草。
     葉は長楕円形で多肉質、青白味を帯びる。
     花は2〜4cmの長い柄があり、その先に青紫色の花をつける。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(日本海側、三陸)
     海岸の砂地や礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1984年7月21日 北海道礼文島

  • 撮影記

  •  ハマベンケイソウの仲間は、北海道に分布するエゾルリソウとこの2種だけで、2つともよく似ている。
     和名は浜に生えるベンケイソウで、葉が丸く多肉質であることから付けられている。
     礼文島の海岸には所々で見られ、花の青紫色でけでなく、蕾のピンク色も美しい。

    同じ科の仲間の花