ミズタビラコ(水田平子)

Trigonotis brevipes


ミズタビラコ1

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 キュウリグサ属

  • 特徴

  •  草丈10〜40cmの多年草。
     葉は楕円形で長さ1.5〜4cm、表面に細かい毛がある。下部のものは柄があり、上部のものは柄がない。
     花は花柄の先に密に多数つき、直径2.5〜3mm。花冠は淡青紫色。
     分果は黒褐色で平滑、光沢がある。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山地の渓流沿い

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2011年6月14日 京都府京都市左京区
     下・果実(分果)  同 上

  • 撮影記

  •  山の沢沿いの登山道際で、水に浸されたような湿った場所でよく見かける。花序の先が尾のように曲がっていて面白い。
     ただ、日差しの強い初夏、植林地の下の暗い沢沿いなどで撮影すると、淡青紫色の色が飛んでしまい写真にならなくなる。
     かといって絞りすぎると全体が暗くなりすぎ、いつも苦労する。
     本州から九州にかけての日本海側には、この花とよく似たコシジタビラコという花がある。

    同じ科の仲間の花
果実(分果)