チョウセンカメバソウ(朝鮮亀葉草)

Trigonotis radicans var. sericea


チョウセンカメバソウ1

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 キュウリグサ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     茎は四方に這ってのび、時には他の植物に寄りかかって立ち上がることもある。茎や葉柄には伏毛が密生する。
     葉は卵形で長さ1.5〜4cm。先は鋭頭で、下部のものは長い柄がある。
     花は葉腋からやや離れたところから1〜2cmの花柄を伸ばし、1個ずつつく。花冠は淡青紫色〜白色で、径7〜10mm。

  • 分布・生育地

  •  九州(中部) 山地の原野

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年5月12日 熊本県阿蘇
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  花仲間の話では、かっては阿蘇の原野のあちこちに群落があったというこの花。開発や野焼きの減少などですっかり少なくなっている。
     仲間の話や最近の情報も手に入れ、GW明けの1日、阿蘇に向かった。
     外輪山は思ったより広い。牧場が延々と続き、牛が所々で草を食んでいる。
     目的の場所は比較的簡単に見つかり、この花が地面に広がって咲いていた。
     地を這って四方に広がる様子が上の写真でも見て取れる。
     この花の特徴である茎の伏毛を撮ろうと、地面に膝をつくとズボンが真っ黒になった。この辺はまだ野焼きがおこなわれているようだ。そのせいで生き残っているのだろう。
     同じく阿蘇にあるケルリソウとはよく似ているが、ケルリソウは茎に開出毛(立った毛)が生えているので区別できる。

    同じ科の仲間の花
チョウセンカメバソウ2

茎アップ