ムラサキイヌホオズキ(紫犬酸漿)

Solanum memphiticum


ムラサキイヌホオズキ

  • 科名・属名
  • : ナス科 ナス属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの1年草。帰化。
     茎は分枝し、稜があり紫色をおびる。
     葉は互生し、楕円形で長さ3〜5cm。先はやや鈍く、縁は波状。
     花は茎の途中に花序を出し散形に2〜5花つける。花冠は鐘形、淡青紫色で径約3mm。浅く5裂する。
     果実(液果)は球形で径約9mm、黒熟する。

  • 分布・生育地

  •  帰化(南アメリカ原産)
     本州(関東地方以南)〜沖縄 荒地

  • 花期
  • :  8〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月23日  東京都日野市
     下・花    同  上

  • 撮影記

  •  秋も深まった11月末、木の実の様子でも撮影しようと出かけた多摩川、花はすっかり終わっていたが、河原でナス科の植物がいくつか咲いていた。
     イヌホオズキに似て淡紫色の花をつけるこの植物、帰化植物の図鑑のいくつかをチェックした結果、花や茎が紫色をしていることで本種と同定したが自信はない。イヌホオズキかもしれない。  近くには、やはり茎が紫色で花は白いものがあったが、これも本種だろうか。

    同じ科の仲間の花
花アップ