オトコエシ(男郎花)

Patrinia villosa


オトコエシ

  • 科名・属名 : オミナエシ科 オミナエシ属
     (注.APG分類ではスイカズラ科(CAPRIFOLIACEAE))

  • 特徴 :
     草丈60〜100cmの多年草。
     根元から走出枝を出し、先に新苗を作る。茎には白い粗毛が多いが、上部には少ない。
     葉は対生し、長さ3〜15cm、頭大羽状に分裂し、裂片は卵状長楕円形。
     花は散房状に多数つき、花冠は白色で直径約4mm、先は5裂する。
     果実は倒卵形で長さ2〜3mm、円心形の翼がある。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  日当たりのいい山野

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2006年8月20日  東京都八王子市
     中・花 1983年9月18日    同 上
     下左・花、下右・葉 2013年10月4日    同  上

  • 撮影記 :
     旧盆を過ぎたといってもまだ残暑の厳しい低地での撮影は、藪蚊と汗との戦いである。
     この花も、昔に撮影して以来すっかりご無沙汰していたが、八王子の林縁で久しぶりに撮影した。
     すっかり自然が失われつつある多摩周辺でも、人の背丈ほどにも伸びる大形のこの花だけは健在である。オミナエシは最近すっかり目にしなくなったが。
     オミナエシ(女郎花)に比べ、より強く丈夫そうなところからオトコエシ(男郎花)の名がつけられたとのことである。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2