エゾオヤマリンドウ(蝦夷御山竜胆)

Gentianatriflora var. japonica forma montana


エゾオヤマリンドウ

  • 科名・属名
  • : リンドウ科 リンドウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     エゾリンドウの高山形で、葉は卵形〜狭卵形。
     花は青紫色で、母種は葉腋にも花を付けるが、本種は茎頂だけにつく。

  • 分布・生育地

  •  北海道 低山〜亜高山帯の湿った草地

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1992年8月23日 北海道大雪山

  • 撮影記

  •  茎頂だけに花がつき、見た目はオヤマリンドウに似るが、花冠はやや短く、花冠裂片は平開する。
     夏の終わり頃、大雪山に出かけた際、もう秋色に色づき始めた草原にこの花が咲いていた。

    同じ科の仲間の花