ハナハマセンブリ(花浜千振)

Centaurium tenuiflorum


ハナハマセンブリ

  • 科名・属名
  • : リンドウ科 シマセンブリ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの1〜2年草。帰化。
     茎は4稜あってよく分枝し、全体無毛。
     葉は対生し、倒卵形で長さ3〜5cm、先は尖る。基部は茎を抱く。ロゼットを作らない。
     花は茎の上部でよく分枝した花序に集散状に咲く。花弁は桃色。萼片は花弁の半分の長さ。

  • 分布・生育地

  •  帰化(地中海沿岸原産)
     日当たりのいい裸地、草地

  • 花期
  • : 4〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年5月15日 沖縄県万座毛
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  最近、よくHPや掲示板などで見かけるが、ベニバナセンブリ(未撮影)に非常によく似ていて同定が難しいとされている。
     そんなことが頭にあったので、沖縄の万座毛の海岸で見つけたときは、花弁がやや細い、花弁は萼の長さの倍、葉は斜め上を向く、基部の茎の抱き方が大きいなどの違いをじっくりチェックし本種と判断した。

    同じ科の仲間の花
花アップ