ホソバノツルリンドウ(細葉之蔓竜胆)

Pterygocalyx volubilis


ホソバノツルリンドウ

  • 科名・属名

  •  リンドウ科 ホソバノツルリンドウ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。ツルリンドウに似るが、茎や葉は細く、裏面が紫色にならない。
     花は淡紫色を帯び、普通葉の腋に1個つき、花冠の先は4裂し副裂片はない。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜四国
     山地の林縁などに絡みつく

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年10月10日 長野県茅野市
     アップ 1993年10月2日 同上

  • 撮影記

  •  図鑑には「山地にやや稀と」書かれていて、ぜひ見たいものだと思っていた。
     ある年、長野県にあると聞き10月初めに出かけた。
     そこには、道路脇の樹木やススキに絡み付いてかなりの株数があり、少数しか花をつけないタイプやビッシリ花をつけるタイプまでいろいろあった。
     花色も薄赤紫に近いものから薄青紫色のものまである。

    同じ科の仲間の花

花アップ