アカバナルリハコベ(赤花瑠璃繁縷)

Anagllis arvensis forma arvensis


アカバナルリハコベ1

  • 科名・属名 : サクラソウ科 ルリハコベ属

  • 特徴 :
     草丈10〜30cmの1年草。帰化。
     茎は四角形で、下部は匍匐し、上部は斜上する。  葉は対生あるいは3個輪生し、卵形で長さ1〜2.5vm、幅0.5〜2cm。全縁で先は鋭頭。
     花は花柄の際に単生し、朱赤色〜黄赤色で径約1cm。花冠は5深裂する。
     ルリハコベの変種で、花が赤褐色であることが違う。

  • 分布・生育地 :
     帰化(ヨーロッパ原産) (国外:世界の熱帯〜暖帯)
     荒地、道端、畑

  • 花期 :  4〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2003年7月21日  東京都八丈島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下 2011年6月26日  東京都小笠原諸島

  • 撮影記 :
     ルリハコベは伊豆七島から沖縄にかけて分布している。図鑑によればこの花は本州(宮城県以南)〜九州にかけて帰化しているとのことであるが、本州ではあまり見ない。
     伊豆七島には割合に多く、5月に八丈島を訪れた際見かけたものの、午後遅かったためルリハコベ同様閉じていた。
     7月、もう終わっているかと思いきや、わずかに咲き残っていた。
     小笠原にはこの花は多く道端の所々で見られたが、6月末は遅くて終わっているものが多かった。

  • 同じ科の仲間の花
アカバナルリハコベ2