ミチノクコザクラ(陸奥小桜)

Primula cuneifolia var.heterodonta


ミチノクコザクラ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 サクラソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     ハクサンコザクラの変種で、花は紅紫色。草丈が全体に大きく、葉も長さ5〜15cm、幅1.5〜3cmある。

  • 分布・生育地

  •  青森県(岩木山)(固有)
     雪の多い亜高山の湿地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年7月4日 青森県岩木山
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  サクラソウ属は、花も綺麗で種類数もそんなに多くないことから、日本に産する全種類を見たいものだと思っている。
     この花は青森・岩木山に行けば撮影できることはわかっていたものの、岩木山は山が比較的新しいことから高山植物も種類が少なく、後回しになって未撮影だった。
     2004年の7月初め、夜行日帰りで撮影に向かった。梅雨時で天候が気がかりであったが、高曇りの好条件。予想通りメイン登山道からやや外れた雪渓のそばに群落を作って咲いていた。
     6月頃、雪解けととも山頂部から咲き始める。

    同じ科の仲間の花
花アップ