ミョウギコザクラ(妙義小桜)

Primura reinii var. myougiensis


ミョウギコザクラ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 サクラソウ属

  • 特徴

  •  草丈3〜8cmの多年草。
     コイワザクラの変種で、葉がごく浅く裂け、歯牙があまり目立たないことが相違点。

  • 分布・生育地

  •  本州(群馬県妙義山)(固有) 岩場

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年4月29日 群馬県妙義山

  • 撮影記

  •  妙義山は鋭い岩峰が続く山容が売り物の山である。切り立った岩壁は植物の生育にも厳しく、 形態を一部変えやっと定着できた植物の多くが変種となり、ミョウギ○○○の名をつけている。
     この花も、コイワザクラの変種で葉の裂け方などが異なる。現地では、とても近寄れない切り立った湿った岩壁で咲いており、なかなか満足のいく写真が撮れない。
     H16年、十数年かかってやっと少しまともな写真が撮れた。

    同じ科の仲間の花