ノジトラノオ(野路虎之尾)

Lysimachia barystachys


ノジトラノオ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 オカトラノオ属

  • 特徴

  •  草丈70〜100cmの多年草。
     茎は円柱形で短い開出した毛が密に生える。
     葉は長さ6〜10cm、幅1cm前後で互生し、縁と裏面脈上に短毛が生える。
     花茎は傾き、白色で一方に偏って多数付ける。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東以西)、九州北部
     やや湿り気のある草地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2002年6月16日 東京都
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  図鑑に東京都清瀬市撮影の写真が出ており、近くに住んでいたこともあって探しに出かけた。しかし、すっかり様相が変わっていて、 とても生き残っているような気がしなかった。
     ある時、同じ東京都でこの花があったとの記述を読み、そんなに遠くもないのでダメモトで探しに出かけた。
     そこは、堤防の斜面の草付、群落になってこの花があった。近くにオカトラノオがあり、比較してみると全体に生える茶色の毛、 細い葉の形など違いがよくわかった。

    同じ科の仲間の花

花アップ