リュウキュウコザクラ(琉球小桜)

Androsace umbellata


リュウキュウコザクラ1

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 トチナイソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの1年草〜2年草。
     茎はあまり分枝せず、多数の葉を密生する。
     葉は薄く軟毛が生え、卵円形で下部は急に狭まり、長さ、幅とも3〜15mm。先は鈍頭〜円頭、縁には3角形の歯牙がある。葉柄は長さ2〜18mm。
     花は細く多数でる細い花茎の先に散形花序となって3〜8個つき、白色で花冠は高杯形、径4〜5mm。萼は基部まで深く5裂する。花茎、花柄、萼に柔らかい開出毛が疎らに生える。
     果実(刮ハ)は球形で、径約4mm、5裂し、果皮は緑白色。

  • 分布・生育地

  •  本州(中国地方)〜沖縄  海近くの草地

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年3月20日  沖縄県西表島
     中 1994年3月20日 鹿児島県奄美大島
     下左右 2014年3月23日  沖縄県与那国島

  • 撮影記

  •  コザクラの名が付いているが、Purimura属でなく、トチナイソウの仲間である。
     花茎が細く多数出てだらしなく伸び、その先に花をつけるため、構図がまとめにくく苦労する。
     奄美大島では、海岸近くの芝生の上で見たが、北限の山口県では海岸から離れたカルスト台地に生育している。
     か細い茎の先にパラパラ花をつけるイメージで、いい写真が撮れていなかったが、2006年、やっとそれなりの花に出会えた。
     海岸近くの芝地、やや湿り気のあるような場所に多い。

    葉

    同じ科の仲間の花
リュウキュウコザクラ2

花