シマギンレイカ(島銀鈴花)

Lysimachia decurrens


シマギンレイカ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 オカトラノオ属

  • 特徴

  •  草丈40〜80cmの多年草。
     茎は直立して上部で分枝し、無毛で稜がある。
     葉は互生し、広披針形〜狭卵形で、長さ5〜14cm、幅1.5〜4cm。先は尖り、基部は次第に狭まって柄となり、裏面に赤褐色の細点が散らばる。
     花は枝先に総状花序となって疎らにつき、花冠は鐘形で長さ3〜4mm、先は5裂するがあまり開かない。萼は5深裂し無毛、裂片は披針形で花冠と同長。雄しべは長く、花冠から飛び出る。
     果実(刮ハ)は球形で径約4mm。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島、種子島以南)〜沖縄
     林中のやや湿り気のある場所

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年6月27日 沖縄県国頭村
     中・花、下左・果実   同 上
     下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  西表島や石垣島で何度か出会っていたが、花期が2〜4月頃と早いらしく、咲き残りのみすぼらしい花にしか出会っていなかった。
     ところが、6月下旬、沖縄島北部のある山に登ったところ、山頂付近の道端でまだしっかり花を咲かせている株に出会った。時期外れだろうとは思うが大喜びした。
     本土にあるギンレイカによく似ているが、花が大きい、雄しべが花冠から飛び出している、萼や花柄は無毛であることなどが異なる。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実