シナノコザクラ(信濃小桜)

Purimura tosaensis var. brachycarpa


シナノコザクラ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 サクラソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     イワザクラの変種で花は紅紫色。
     刮ハが長楕円形または曲がった短い円柱形で長さ5〜13mm、萼片の1〜1.5倍であることが相違点。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方南部、関東西部)
     山地の石灰岩の岩場

  • 花期
  • : 5月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年5月4日 長野県諏訪郡
     下  同 上

  • 撮影記

  •  本州中部地方の深山の岩壁に咲く。
     コザクラの名前がついているがイワザクラの変種で、刮ハや萼の形や長さが違う。(特徴参照)
     この写真を写した長野県のある山では、GWの頃から咲き始める。
     丁度その頃、「春の女神」と呼ばれるヒメギフチョウが発生しており、ネットを持った採集者にもよく出会った。

    同じ科の仲間の花
花アップ