トウサワトラノオ(悼沢虎の尾)

Lysimachia candida


トウサワトラノオ1

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 オカトラノオ属

  • 特徴

  •  丈10〜50cmの多年草。
     茎は赤みを帯び、葉はへら形〜倒披心形で長さ2〜6cm、幅0.7〜1cm。
     花は総状花序に白色の花を多数つける。花弁は5裂し、先は尖る。葯は黄色。萼片は線形で、長さ4〜6mm。
     よく似たサワトラノオの花弁の先は円く、葯は淡紫色。

  • 分布・生育地

  •  本州(愛知、栃木県) 田や湿地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年5月18日 栃木県
     中  同 上
     下・左 2005年4月28日 愛知県
     下・右 2008年5月18日 栃木県

  • 撮影記

  •  念願の花に2005年、愛知県で出会えたが、花期には少し早かったことで満足いく写真とならず、再チャレンジを予定していた。
     ところが、2007年、HPを見た栃木県の方から、地元紙にこの花の記事が載っているというメールがあった。こういう情報提供を期待してHPを立ち上げただけに大喜びし、早速詳しい情報収集を図った。
     栃木県にはこの花の記録があったが、絶滅したとされていて、今回の新産地も以前とは別の場所であることがわかった。
     2008年、花期を見計らって出かける。現地は休耕田の中でロープを張って保護していた。しかし、周辺の田圃や水路にも広がり、真っ白に見えるほどの株数だった。
     当日は埼玉県で発見されたサワトラノオにも立ち寄り、サクラソウ科の2つの希少種を同じ日に見るという幸な一日だった。

    萼片アップ

    同じ科の仲間の花
トウサワトラノオ2

花アップ