アカボシタツナミソウ(赤星立浪草)

Scutellaria rubropunctata


アカボシタツナミソウ1

  • 科名・属名 : シソ科 タツナミソウ属

  • 特徴 :
     草丈20〜100cmの多年草。
     茎は基部が地を這い、先は立ち上がる。茎には白色の伏毛がある。
     葉は三角状卵形で長さ1〜6cm、幅0.5〜5.5cm。表面には短毛が散生、全面に赤褐色の腺点が密にある。
     花は茎頂や枝先に2〜5cmの花序となり、花冠は唇形花、淡紫色〜青紫色で長さ1.3〜1.5cm。

  • 分布・生育地 :
     屋久島〜沖縄 (国外:日本固有)
     林縁

  • 花期 :  1〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年3月20日  鹿児島県奄美大島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中上 2008年3月1日  沖縄県国頭郡
     中下・群落 2005年5月2日  鹿児島県奄美大島
     (中下は拡大写真あり。写真をクリック)
     下左・花 2008年3月1日  沖縄県国頭郡
     下右・濃色花 2015年3月25日    同  上

  • 撮影記 :
     南西諸島で見られるタツナミソウで、春、林道わきの林縁で比較的よく見かける。
     そんな場所に生えるのだと思っていたら、下の写真のように谷川の川原の中に群生しているのにはびっくりした。
     増水すれば水没してしまうような場所だけに、さすがに草丈は低かった。

     奄美大島ではごく普通に見られるこの花は、花全体が青紫色で、こんな色と思っていた。
     ところが、沖縄でみる本種の花は、下左のように全体に白っぽい色で中に青紫色の斑紋があるという感じの違う花だった。
     聞くと、この色合いが普通とのこと。同じ名前の花でも場所によって花色にかなりの違いがあるものだ。ヘツカリンドウにもその傾向がある。
     ただ、下右の写真に見られるよう青紫色が著しく濃色の花も時に見かける。

  • 花2

    同じ科の仲間の花
アカボシタツナミソウ2

アカボシタツナミソウ3

花1