アキギリ(秋桐)

Salvia glabrescens


アキギリ

  • 科名・属名
  • : シソ科 アキギリ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     葉は対生し、三角状ほこ形で長さ6〜10cm、長い柄がある。
     花は枝先に唇形花が集まってつき、花冠は紫色で長さ2.5〜3.5cm。
     花冠の内側には毛があり、その毛先が尖ってざらつく。
     花の白いものを、
     シロバナアキギリといい、
     キバナアキギリの雑種といわれる絞り状の花を、
     シボリミヤマアキギリ(var. purpureomaculata)という。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方〜近畿地方)
     山地の木陰

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1987年9月23日 京都府加佐郡
     アップ  同 上
     シロバナ、シボリ  同 上

  • 撮影記

  •  関東には淡黄色のキバナアキギリしかなく、この花の紫色は憧れの色だった。
     今と違って情報も少なく、どこにいけば見られるのかわからなかったが、近畿地方の日本海側でなら出会えるのではないかと、京都府のある山に出かけた。
     キバナアキギリのように登山道脇の林下に咲いているのを期待していたが、見当たらなかった。
     ダメかとトボトボ下山する途中、草原で突然この花に出会った。
     深みのある紫色は、想像通りほれぼれするような色だった。中にはシロバナ(一番下の写真)やシボリミヤマアキギリと呼ばれるタイプも見られた。

    同じ科の仲間の花


シロバナアキギリ

シボリミヤマアキギリ