フトボナギナタコウジュ(太穂薙刀香需)

Elsholtzia argyi var. nipponica


フトボナギナタコウジュ

  • 科名・属名
  • : シソ科 ナギナタコウジュ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの1年草。
     葉は対生し、卵形〜広卵形で長さ2.5〜7cm、幅1.5〜4cm。先は尖り、縁には鋸歯がある。
     花は枝先に長さ2〜5cm、幅約1cmの花穂をつけ、小さな花を一方に偏って多数つける。花冠は淡紅紫色で長さ4〜5mm。
     苞は中央よりやや上部が一番広く、背面に短い軟毛がある。
     ナギナタコウジュによく似るが、葉の幅が広いこと、苞の形、背面の毛があることなどが異なる。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方西部)、九州
     山地の道端や谷間

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年10月19日 東京都高尾山

  • 撮影記

  •  ナギナタコウジュによく似ているが、花穂や葉が大きいことや花穂の裏側に毛があることなどで区別される。
     全国的にはナギナタコウジュより少ないようであるが、高尾山周辺には比較的多く、秋の林道際などでブラシのような花をつけている。

    同じ科の仲間の花