ミヤマトウバナ(深山塔花)

Clinopodium sachalinense


ミヤマトウバナ1

  • 科名・属名
  • : シソ科 トウバナ属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの多年草。
     茎はほとんど無毛か、わずかに短毛がある。
     葉は長卵形で長さ2.5〜6cm、幅1.5〜4cm、まばらに毛があり、裏面の腺点は目立たない。
     花は茎の先に3〜10cmの花穂に唇形花を多数つける。花冠は白色でわずかに紅紫色を帯び、長さ6mm程度。
     萼は下半部に細かい短毛がまばらにある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(近畿地方以北)
     山の林内

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年8月27日 長野県白馬岳
    下 1978年7月29日 岩手県早池峰山

  • 撮影記

  •  イヌトウバナによく似ているが、萼に毛が少ないのが特徴で、草丈や葉も少し大きく、裏面の腺点は目立たない。
     とはいっても、萼などがはっきり写っていないと苦労する。
     過去に同定しいた本種やイヌトウバナをチェックしてみたら、同定ミスや同定が困難な写真が多かった。

    同じ科の仲間の花
ミヤマトウバナ2