セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)

Isodon effusus


セキヤノアキチョウジ

  • 科名・属名
  • : シソ科 ヤマハッカ属

  • 特徴

  •  草丈30〜90cmの多年草。
     葉は対生し、長楕円状披針形で長さ5〜15cm、縁には低い鋸歯があり、先は鋭く尖る。裏面には細かい毛がある。
     花は枝先や葉腋から花枝をだし、細長い花柄の先に総状に唇形花を多数つける。花冠は青紫色。
     アキチョウジによく似ているが、花序は幅が広くて苞状の葉がなく、花柄が1〜1.5cmと長く毛がない。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東〜中部地方) 山地の木陰

  • 花期
  • :  9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年9月23日  群馬県妙義山

  • 撮影記

  •  西日本に分布するアキチョウジによく似ているが、花柄が長いせいか花がまばらにつく感じがする。
     生まれ故郷の静岡でも関東でも秋にはよく見かけるため、どこにでもある気がしていたが、分布域は以外に狭い。

    同じ科の仲間の花