キンギンボク(金銀木)

Lonicera morrowii


キンギンボク

  • 科名・属名
  • : スイカズラ科 スイカズラ属

  • 特徴

  •  高さ1〜2mの落葉低木。
     枝は密に分枝し、若枝には軟毛が密生する。
     葉は対生し、卵形〜長楕円形で長さ2〜5cm、幅1〜3cm。先は鈍頭で、縁は全縁、両面に毛がある。裏面に小さな油点がある。
     花は枝先に2個ずつつき、花冠は白色でのち黄色になり、長さ1.5〜1.7cm、上部は5深裂し、放射相称に開き、裂片は7〜12mmの線形。
     果実(液果)は球形で径6〜8mm、2個合着してヒョウタン形になる。
     別名 ヒョウタンボク

  • 分布・生育地

  •  北海道(西南部)〜本州(東北地方、日本海側)
     山地

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年7月19日 青森県八戸市

  • 撮影記

  •  八戸市の海岸に海浜植物の撮影に出かけた。
     本州も北部の海岸となるとアカネムグラなど北海道との共通種も多い。
     海岸に下りる踏跡のそばに2個の紅い実がヒョウタン形にくっついた植物があった。
     本州日本海側から東北地方、北海道まで分布するこの花だったが、残念ながら花の写真は今回間に合わなかった。

    同じ科の仲間の花