コウグイスカグラ(小鶯神楽)

Lonicera ramosissima


コウグイスカグラ

  • 科名・属名
  • : スイカズラ科 スイカズラ属

  • 特徴

  •  高さ1〜2mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、樹皮は灰色で普通は細かい屈毛がある。
     葉は対生し、卵形〜長楕円形で長さ2〜6cm、幅1〜3cm。先は短く尖り、全縁で両面に軟毛が多い。
     花は葉腋から出る1〜2cmの花柄の先に普通2個つき、花冠は淡黄色、漏斗形で長さ1.5〜2cm、先は5浅裂する。,br>  果実(液果)は球形で径6〜8mm、2個が合着し赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  本州(宮城、新潟県以南)、四国
     山地の日当りのいい低木林

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年5月25日 神奈川県箱根
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  箱根の山へアカバナヒメイワカガミの撮影に出かけた。
     箱根にはこの花が多く、林床をピンクに染めるように群生している。
     見上げると、淡黄色のかわいい花をぶら下げたスイカズラの仲間の花が目に入った。
     木本は不得意でその場で名前はわからなかったが、調べたらこの花とわかった。

    同じ科の仲間の花
花