ミヤマガマズミ(深山がまずみ)

Viburnum wrightii


ミヤマガマズミ

  • 科名・属名 : スイカズラ科 ガマズミ属
     注.APG分類ではレンプクソウ科(ADOXACEAE)

  • 特徴 :
     高さ2〜4mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、無毛か長毛が散生、樹皮は暗褐色〜灰褐色。
     葉は対生し、倒卵形〜広倒卵形で、長さ6〜14cm、幅4〜9cm。先は急に尖り、基部は広いくさび形〜円形、縁には三角形の鋸歯があり、表面はやや光沢があって、ほとんど無毛か長い毛を散生、裏面は脈に沿って長い毛がある。
     花は枝先に6〜10cmの散房花序となって小さな花を多数つけ、花冠は白色で径5〜7mm、下部まで5中裂し平開する。
     果実(核果)は球形〜卵形で、長さ5〜9mm、赤熟する。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州  山地の樹林内、林縁

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2012年5月24日  滋賀県高島市
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     よく似たガマズミが、枝、葉柄、葉、花冠などに毛の多いのに対し、本種では無毛か毛が疎らという点が異なる。
     生育地もガマズミよりも高所に分布している。
     晩生種のスミレの観察に出かけた滋賀県北部の林道際に点々と咲いていた。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉