ツクバネウツギ(衝羽根空木)

Abelia spathulata


ツクバネウツギ

  • 科名・属名
  • : スイカズラ科 ツクバネウツギ属

  • 特徴

  •  高さ1.5〜2mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、樹皮は灰白色〜灰褐色。
     葉は対生し、広卵形〜長楕円状卵形で、長さ3〜5cm。先は急に細くなり、基部はくさび形か円形、縁に粗い鋸歯がある。
     花は新枝の先に普通2個ずつつき、白色〜淡黄色、内側に黄赤色の斑紋がある。花冠は鐘状漏斗形で、長さ2〜3cm、先は2唇状で上唇は2裂、下唇は3裂する。萼片は5深裂し、長さは全て同長で5〜12mm。
     果実(そう果)は線形で、長さ8〜14mm。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方以西)〜九州
     日当りのいい山地、丘陵地

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1998年5月31日 群馬県赤城山
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  初夏の頃低山の林縁でこの花に出会う。出会ったらまず花の色と萼片の形を見ることが大切だ。
     この花は5裂する萼片が全て同じ長さであるのに対し、よく似たオオツクバネウツギは、萼片の数は5個で同じであるがうち1個は小さいか、または4個しかない。花も1cm程度大きく、花期も2週間程度早いとされている。

    同じ科の仲間の花
花