ヤブウツギ(藪空木)

Weigela floribunda


ヤブウツギ

  • 科名・属名
  • : スイカズラ科 タニウツギ属

  • 特徴

  •  高さ2〜4mの落葉低木。
     樹皮は灰褐色〜灰黒色で、縦に裂けてはがれる。
     葉は対生し、楕円形〜卵状長楕円形で、長さ5〜12cm、幅3〜6cm。先は尾状尖り、基部は広いくさび形、両面有毛で特に裏面脈上に開出毛が多い。
     花は枝先や葉腋に2〜3個ずつつき、濃紅色〜暗紅紫色。花冠は漏斗状鐘形で、長さ2.5〜4cm、内面は色が濃く、先は5裂する。
     果実(刮ハ)は円筒形で、長さ1.7〜2.5cm。

  • 分布・生育地

  •  本州(山梨県以西の太平洋側)、四国
     山地の日当りのいい林縁

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年5月31日 徳島県名東郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  徳島県のある高原、春先は多くの希少種が見られる山で、何度か訪れた。
     春の花が終わった後はなかなか訪れる機会がなかったが、久し振りに立ち寄ってみた。
     ツツジ類の花のほか、コツクバネウツギやこの花などのスイカズラ科の花も見られた。
     ただ、日差しを遮る雲ひとつない好天で、コントラストの強い写真になってしまったのが残念だ。

    同じ科の仲間の花
花