シラタマノキ(白玉の木)

Gaultheria miqueliana


シラタマノキ

  • 科名・属名
  • : ツツジ科 シラタマノキ属

  • 特徴

  •  高さ10〜20cmの常緑の小低木。
     茎は地を這い、上部は斜上する。
     葉は互生し、楕円形で長さ1.5〜2.5cm、幅0.8〜2cm。革質で、低い鋸歯があり、裏面は白味を帯びる。
     花は上部の葉腋や枝先から出る花序の先に2〜6個下向きにつける。花冠は白色、壺形で長さ約6mm。
     果実は白色で丸みを帯び、径約1cm。
     別名 シロモノ

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(中部地方以北、大山)
     日当たりのいい岩地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1983年8月6日 長野県白馬岳
     果実 1984年8月26日 長野県八ケ岳
     下は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  花そのものはツツジ科らしい先のすぼまった壺形の小さな花で目立たないが、秋になると目立つ白い果実をつけることで知られている。
     赤い実をつけるアカモノに対し、白い実をつけるのでシロモノとも呼ばれている。
     この白い実は、つぶすとサルチル酸メチル(サロメチール)の臭いがするので、一度試すとすぐに覚えることができる。

    同じ科の仲間の花
果実