マンリョウ(万両)

Ardisia crenata


マンリョウ(果実)

  • 科名・属名 : ヤブコウジ科 ヤブコウジ属
     注.新分類ではサクラソウ科(PLIMULACAEA)

  • 特徴 :
     高さ30〜100cmの常緑小低木。
     茎は直立し、上部でまばらに枝を分ける。
     葉は互生し、長楕円形で、長さ7〜15cm、幅2〜4cm。先は鋭頭〜短鋭尖頭、基部は鋭形、縁には波状の鋸歯がある。質は厚く、両面とも無毛。葉柄は8〜12mm。
     花は枝先に散形または散房状の花序を出し、十数個の花をつける。花冠は白色で径約8mm、先は5深裂し反り返る。萼は5深裂し、裂片は卵形で円頭〜鈍頭。
     果実(核果)は球形、径6〜8mm、鮮紅色に熟す。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西)〜沖縄 (国外:中国、台湾、東南アジア、インド)
     常緑樹林内

  • 花期 :  7〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年7月25日  徳島県海部郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中上・花    同  上
     中下・果実 2013年1月3日  愛知県新城市
     下左・果実    同  上
     下右・葉 2015年7月25日  徳島県海部郡

  • 撮影記 :
     空気までも寒々しく感じる真冬の林下、鮮やかな赤い実をつけるこの花は、遠くからでも目に付いた。
     冬に紅色の実をつけることや、和名がマンリョウ(万両)と縁起のいい名前であることから、昔からよく栽培されている。
     同じように赤い実をつける似た和名のセンリョウ(千両)があるが、センリョウは離弁花のセンリョウ科で、近縁の植物ではない。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

マンリョウ(果実)

果実アップ