ハマハタザオ(浜旗竿)

Arabis stelleri var. japonica


ハマハタザオ1

  • 科名・属名 : アブラナ科 ヤマハタザオ属

  • 特徴 :
     草丈20〜40cmの多年草。
     茎は直立し白い単毛と2分毛がある。
     根元から出る葉は長楕円形かへら形で、両面に星状毛がある。茎葉の基部は茎を抱く。葉は厚く革質。
     花は茎頂、花弁は4個、白色、長倒卵形で長さ約1cm先はへこむ。
     果実(長角果)は直立して主軸に接し、長線形で長さ2〜6cm、幅1〜2mm、無毛。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  海岸の砂地

  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1985年5月6日  東京都伊豆七島
     中 2001年4月22日  石川県
     下左・花 1983年6月11日  北海道礼文島
     下右・実 2014年7月11日  北海道斜里郡

  • 撮影記 :
     海岸の砂地に生え、全国に分布する。礼文の海岸でも日本海側の砂浜でも、また太平洋側でも良く見かける。
     春先、花の少ない砂地で比較的高さのあるこの花はよく目立つ。
     下の写真の石川県のある海岸では、イソスミレの群落の中で、スミレを見下ろすかのように咲いていた。

  • 果実 同じ科の仲間の花
ハマハタザオとイソスミレ 花