ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子)

Barbarea vulgaris


ハルザキヤマガラシ1

  • 科名・属名 : アブラナ科 ヤマガラシ属

  • 特徴 :
     草丈30〜70cmの多年草。帰化。
     茎は直立し、基部でも上部でも分枝する。
     根生葉と下部の葉は羽状に深裂し、頂小葉は円形〜倒卵形で大きい。上部の葉は耳状になって茎を抱き、濃緑色で厚く、光沢がある。
     花は総状に多数つき、花弁は4個、鮮黄色で径6〜8mm。花柱は子房と同長で約2.5mmとヤマガラシより長い。萼片の先にこぶ状突起がある。
     果実(長角果)は長さ2〜3cm。
     ヤマガラシとの違いは、この花の萼片の先にこぶ状突起があること、花柱と子房の長さはほぼ同長であることである。

  • 分布・生育地 :
     帰化(ヨーロッパ原産)
     北海道〜本州  荒地、牧草地、道端

  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2004年6月19日  長野県軽井沢
     中 1991年5月25日  北海道根室市
     下左・花 2014年7月9日  北海道知床半島
     下左・葉    同  上

  • 撮影記 :
     道端や荒地、畑や水田などに生える帰化植物である。
     ヤマガラシとよく似ていて、やや高い山などの道路端で見かけると、本種かどうかわからないことも多い。
     この写真の同定も、生育場所や分布調査の記録等を参考に決定したが、下の写真は北海道東部の沢沿いで咲いていたもので、初めヤマガラシと同定していた。
     違いは特徴に記したが、その場でよくチェックしておかないと後で同定に困ることになる。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ハルザキヤマガラシ2

花