スカシタゴボウ(透し田牛蒡)

Rorippa islandica


スカシタゴボウ

  • 科名・属名
  • : アブラナ科 イヌガラシ属

  • 特徴

  •  草丈35〜50cmの2年草。
     茎は直立して分枝する。
     根出葉は長さ5〜15cm、羽状に浅〜深裂し、裂片はさらに粗く切れ込む。茎葉は上部の葉ほど切れ込みが浅く、基部は茎を抱く。
     花は総状花序になり、花弁は黄色で直径3〜4mm。
     果実(短角果)は長楕円形で長さ5〜8mm、果柄は後に下を向く。

  • 分布・生育地

  •  日本全土 水田や畦などの湿った場所

  • 花期
  • : 4〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月24日 茨城県大田原市
     果実 2006年10月1日 東京都日野市

  • 撮影記

  •  頭大羽状に深裂する葉や短い果実(短角果)に特徴があり、似たような場所に生えるイヌガラシとの見分け点である。どちらかいえば、本種のほうが湿り気の多い場所に咲く。
     この花の和名であるが、今回整理するまで、「スカシタ ー ゴボウ」とばかり思っていた。恥ずかしい限りである。「スカシ(透し)ー タゴボウ(田牛蒡)」が正解である。他にも間違って覚えている花があるかもしれない。

    同じ科の仲間の花
果実(短角果)