ヤマハタザオ(山旗竿)

Arabis hirsuta


ヤマハタザオ

  • 科名・属名
  • : アブラナ科 ヤマハタザオ属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの2年草。
     茎は直立し、下部に単毛と星状毛が生える。
     根出葉はロゼット状になり、長楕円状へら形で長さ2.5〜10cm。茎葉は柄がなく、基部で茎を抱く。縁はともに波状の鋸歯がある。
     花は茎頂につき、花弁は白色で4個、長さ3〜6mm。
     果実(長角果)は直立して花軸に平行してつき、長さ2〜6cm。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山野の草地、林縁

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年6月4日 山梨県中巨摩郡
     茎葉  同 上

  • 撮影記

  •  夏の初め、登山道際の草地で時々この花に出会う。ホッソリした草姿で花も小さく、草むらでは他の草に溶け込んでいて注意して歩かないと気がつかない。
     わざわざカメラを取り出し、三脚を立てて撮影するという気にもならず、そのまま通り過ぎてしまうことも多い。
     ハタザオによく似てヒョロヒョロした感じであるが、全体に緑色で粉白を帯びず、葉は鋸歯縁になるのが特徴である。

    同じ科の仲間の花
茎葉アップ