アメリカミズユキノシタ(亜米利加水雪ノ下)

Ludwigia repens


アメリカミズユキノシタ

  • 科名・属名 : アカバナ科 チョウジタデ属

  • 特徴 :
     草丈1mになる多年草。帰化。
     茎は分枝し、水上に出ると匍匐する傾向があり、赤味を帯び、下方の節から根を出す。
     葉は対生し、変化が多いが、倒披針形〜さじ形で、長さ2〜3.5cm、幅1〜2cm。両端は尖り、全縁。
     花は葉腋につき、無柄で、黄色の4弁花を1個つける。萼片は4個、狭三角形〜狭卵形で、長さ2〜3.5mm。
     果実(刮ハ)は洋独楽形で、長さ5〜9mm。

  • 分布・生育地 :
     逸出帰化(北アメリカ原産)
     池や水路の水辺

  • 花期 :  6〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年9月8日  東京都板橋区
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     カメラが故障し、メーカーのサービスセンターに持ち込んだところ、3時間程度で直ると言われ待つことにした。
     時間をつぶすため近くの公園で池の周りを散策していると、池の縁の見慣れない花が目に入った。
     一見ミズユキノシタに似ていたが、黄色い花弁があり、葉が対生しているなど、間違いなく別種だ。
     帰って調べると、観賞用の水草としてアメリカから持ち込まれたものが、捨てられて帰化したもののようだ。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉