イブキシモツケ(伊吹下野)

Spiraea dasyantha


イブキシモツケ

  • 科名・属名
  • : バラ科 シモツケ属

  • 特徴

  •  高さ1〜1.5mの落葉低木。
     幹を叢生し、若い枝には淡赤褐色で、白い毛を密生する。
     葉は卵形〜菱状長楕円形で、長さ2〜7cm。先は鈍頭からやや鋭頭、基部はくさび形から円形。中部より先に鋸歯または重鋸歯があり、上部はしばしば3裂する。成葉の表面は無毛、裏面は白色または黄褐色の縮れた軟毛が密生し、葉脈は網目状に隆起する。葉柄は淡赤褐色で、長さ5〜15mm。
     花は枝先に径2.5〜3.5cmの散房状の花序を出して多数つき、白色で径6〜8mm。雄しべは花弁とほぼ同長。
     果実(袋果)は長さ約2mm、表面にやや軟毛があるか無毛。

  • 分布・生育地

  •  本州(近畿地方以西)〜九州
     山地の日あたりのいい岩礫地、石灰岩上

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年5月4日  長崎県平戸島
     中・花    同  上
     下・葉 2014年5月5日  佐賀県伊万里市

  • 撮影記

  •  撮影行で出かけたGWの九州、山地や海岸近くの岩場でこの花に度々出会った。
     これまで何度も見かけていたのだが、木本にはあまり興味がなかったため、カメラを向けることはない花だった。
     同じように岩場に生えるイワガサとは、葉の鋸歯の形や葉裏に軟毛が密生することで無毛のイワガサとは見分けられる。

    同じ科の仲間の花
花

葉