コゴメウツギ(小米空木)

Stephanandra incisa


コゴメウツギ1

  • 科名・属名 : バラ科 コゴメウツギ属
     注.APG分類ではスグリウツギ属(Neillia)

  • 特徴 :
     高さ1〜2.5mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、若枝は赤褐色〜灰褐色で軟毛が散生する。
     葉は互生し、葉身は三角状広卵形で羽状に中裂または浅裂し、長さ2〜6cm、幅1.5〜3.5cm。先は尾状に伸びて尖り、基部は心形〜切形。縁には重鋸歯があり、表面は無毛で裏面は脈上に軟毛が密生する。葉柄は3〜7mm。
     花は茎頂や葉腋に円錐状または散房花序となって多数つき、径4〜5mm、花弁は黄白色、倒卵形で円頭。押しべは10個で花弁より短く内側にまがる。萼裂片は楕円形で、鈍頭〜鋭頭。
     果実(袋果)は球形で長さ2〜3mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  低山地

  • 花期 :   5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年6月3日  埼玉県飯能市
     中 2013年5月10日  東京都あきる野市
     下左・花 2014年5月23日  静岡県伊東市
     下右・葉 2014年6月3日  埼玉県飯能市

  • 撮影記 :
     初夏の頃、関東周辺の山を歩くと、林縁にこの花が咲いているのをよく見かける。
     図鑑によれば、北海道〜九州まで分布するものの、日本海側にはやや少ないようだ。
     関東地方西部〜東海地方では、よく似たカナウツギがあるが、この木の方が葉が小さく、萼裂片が楕円形で鈍頭、雄しべが10個と少ない。葉の切れ込みもやや大きいようだ。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
コゴメウツギ2

花