ツルキンバイ(蔓金梅)

Potentilla yokusaiana


ツルキンバイ1

  • 科名・属名
  • : バラ科 キジムシロ属

  • 特徴

  •  花茎の10〜20cmの多年草。
     根はあまり太くならず、細くて長い匐枝を出し、長い毛がまばらにある。
     葉は3小葉からなり、小葉は菱状卵形で長さ1.5〜4cm。質は薄く、縁には深い鋸歯があり、裏面脈上には伏毛がある。
     花は細い花茎の先に数個つき、黄色の5弁花で径1.5〜2cm。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方以西)〜九州
     山地の落葉樹林下

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2002年4月28日 大阪府金剛山
     下 1985年5月12日 山梨県南都留郡

  • 撮影記

  •  春から初夏の山地の林下に咲くこの花、黄色で大きさも決して小さくないのに何となく優しい(弱々しい?)感じがする。
     この仲間の中では茎が細く、小葉の質が薄いことが理由ではないだろうか。
     この何となく優しげな感じが、よく似たミツバツチグリなどとの見分け方で、慣れると一目見ただけで本種とわかる。
     和名の通り匐枝を出して増えるため、写真のようにまとまって花をつけていることが多い。

    同じ科の仲間の花
ツルキンバイ2