マルバマンネングサ(丸葉万年草)

Sedum makinoi


マルバマンネングサ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 マンネングサ属

  • 特徴

  •  草丈8〜20cmの多年草。
     花茎は基部が這って分枝する。
     葉は対生し、倒卵形〜さじ形で長さ7〜10mm、先は円く基部は柄状になる。
     花は茎頂に集散状につき、花弁は5個で黄色。針状〜針状披針形で平開する。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州 山地の岩場や石垣上

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年7月24日 群馬県妙義山
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  妙義山は岩場の連続する奇岩の山である。
     人にに厳しい環境は、植物にも厳しいらしく、この山に適応するため変化した多くの固有種が見られる。
     この日も、ミョウギカラマツなどの撮影に出かけた。
     急な登りでふと見上げた岩上に黄色のこの花が満開だった。

    同じ科の仲間の花
花アップ