オオチチッパベンケイ(大乳葉弁慶)

Hylotelephium sordidum var. oishii


オオチチッパベンケイ1

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜40cmの多年草。
     茎は斜上し、葉とともに汚赤紫色を帯びる。
     葉は互生(稀に対生)し、卵形〜卵円形で長さ2.5〜4.5cm、幅1.5〜3cm。基部は漸尖形で柄状、縁は波状かまばらに低い鈍鋸歯がある。
     花は散房状で球形の花序となって多数つき、花弁は淡黄緑色、広楕円形で長さ約3.5mm。裂開前の葯は橙赤色。蕾のときは暗紅色を帯びる。

  • 分布・生育地

  •  本州(福島、茨城県)
     山地岩上、まれに樹上

  • 花期
  • :   9〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年10月30日  茨城県
     中以下全て    同  上

  • 撮影記

  •  福島、茨城県の山地に希産するこの花、以前茨城県のある山に撮影に出かけたが、見つけることはできなかった。
     そんな時、花仲間からこの花の情報を得、晩秋の山に向かった。
     生育地は山の岩場、垂れ下がるようにこの花が咲いていたが、花期的にはやや遅めだった。
     よく似たチチッパベンケイとの違いは、「茎や萼などに乳頭状の突起がある」ということで接写して撮影した。左下の写真で乳頭状の突起のあることがわかる。

    葉

    同じ科の仲間の花
オオチチッパベンケイ2

花

乳頭状突起