ウンゼンマンネングサ(雲仙万年草)

Sedum polytrichoides


ウンゼンマンネングサ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 マンネングサ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     茎は直立し、やや赤褐色を帯び、基部には枯れた葉が残る。
     葉は互生して密につき、扁平な線形で長さ6〜13mm、先は尖りやや赤褐色を帯びる。
     花は集散状につき、花弁は5個で黄色、花時は斜上し基部は離生する。

  • 分布・生育地

  •  本州(瀬戸内)、四国(小豆島)、九州北部
     山地の岩上

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年7月5日 大分県大分郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  マンネングサの仲間は区別が非常に難しい。
     この花も葉の付きかたや形、色をもとに「大分県植物誌」なども参考にしながら同定した。
     大分県のこの山はワタナベソウの撮影で出かけたが、途中この花やヒメユリなども見られ楽しい花見行になった。

    同じ科の仲間の花
花アップ