アカミノヤブカラシ(赤実の藪枯)

Cayratia yoshimurae


アカミノヤブカラシ

  • 科名・属名
  • : ブドウ科 ヤブカラシ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     茎は細く無毛。幼枝、花序は平滑で粒状突起はない。
     葉は鳥足状に5小葉からなり、小葉は卵状披針形〜長楕円状披針形で、長さ4〜9cm、幅1.5〜3.5cm。葉柄は3〜8cm、葉の質は薄く、縁には鈍い鋸歯がある。  花は葉腋に4〜6cmの集散花序となり、4個の花弁が側部でついた僧帽状で、長さ約3mm。
     果実(液果)は球形で、径7〜12mm、紫紅色から黒色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美諸島)〜沖縄  林縁

  • 花期
  • : 5〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年6月10日 鹿児島県奄美大島
     中・花、下・実  同 上

  • 撮影記

  •  ある花を探して奄美大島の林道を走るが、目的の花は見当たらない。
     何かないかと林道脇をキョロキョロしながら見ていると、潅木からぶら下がってるこの花が目に入った。
     降りて見ると花だけでなく、和名の由来となっている少し紫紅色に色づいた果実も見つかった。
     あたりではタイワンヤマツツジやヤンバルセンニンソウなども見つかり、何の変哲もないはずの林道が急に好撮影地に変わった。

    同じ科の仲間の花
花アップ

果実