メヒルギ(雌漂木)

Kandelia candel


メヒルギ

  • 科名・属名
  • : ヒルギ科 メヒルギ属

  • 特徴

  •  高さ4〜7mの常緑小高木。
     幹の下部から小さな支柱根を出して支えとしている。
     葉は対生し、長楕円形で長さ8〜15cm、幅3〜5cm。質は厚い革質で光沢があり、先は円頭で基部はくさび形、全縁で無毛。葉柄は0.5〜1cm。
     花は葉腋から2叉状に分岐する腋性の集散花序に4〜10個程度つき、萼は白色で5深裂し、裂片は披針形で長さ約1.5cm、花弁は白色で5個、長さ約1cmで2裂し、先はさらに10〜12裂する。雄蕊は糸状。
     果実は卵形で長さ2〜3cm、萼は宿存して反り返る。種子(胎生種子)の胚軸は根棒状で長さ15〜40cm。

  • 分布・生育地

  •  九州(鹿児島県南部)〜沖縄
     海岸や河口の湿地、泥地

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年6月22日 鹿児島県奄美大島
     中・花   同 上
     下左・果実 2007年2月18日 沖縄県西表島
     下右・葉 2012年9月1日   同 上

  • 撮影記

  •  オヒルギとともにマングローブ林を形成する主要な樹の一つである。
     オヒルギとは、葉先が円いことや萼や花弁が白色であること、果実に残る萼片が反り返ることなどで区別されるが、萼筒が派手な赤色のオヒルギより目立たない。
     オヒルギよりはやや分布が北に広く、古い時代の植栽との噂もあるが、鹿児島市の喜入町では北限として国の特別天然記念物に指定されている群落がある。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実