カイフウロ(甲斐風露)

Geranium sikokianum var. kaimontanum


カイフウロ

  • 科名・属名
  • : フウロソウ科 フウロソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの多年草。
     茎や葉柄に開出するか下向きの粗い毛があるが、母種のイヨフウロに比べると全体に毛が少ない。
     葉は掌状に中〜深裂し、葉の裂片が尖る。
     花は直径2.5〜3cmで紅紫色。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方) 山地の草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年7月17日 山梨県三ツ峠

  • 撮影記

  •  甲斐風露の和名の通り、甲斐の国(山梨県)を中心とした本州中部地方に分布している。
     図鑑ではイヨフウロの変種とされ、毛が少ない、葉の裂片が尖るなどの相違点が記されているが、並べてみない限りよくわからない。
     それよりも、アマチュアは生育地で判断するのがわかりやすい。

    同じ科の仲間の花