ツクシフウロ(筑紫風露)

Geranium soboliferum var. kiusianum


ツクシフウロ

  • 科名・属名
  • : フウロソウ科 フウロソウ属

  • 特徴

  •  草丈60〜80cmの多年草。
     葉は基部まで掌状に5深裂し、裂片はさらに2〜3回3出状に切れ込み、裂片は細くなる。
     アサマフウロの変種で、葉の裏面には細い毛が生えることが違いである。
     花は直径3cm程度、茎頂に1〜2個つき、花弁は鮮やかな濃紅紫色。

  • 分布・生育地

  •  九州(中部)  湿った草地

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年9月8日 大分県大分郡
     花アップ  同 上

  • 撮影記

  •  十数年ぶりに訪れた大分県のある湿地。以前とは違い土地勘もあるのでこの花の生育地に向かった。
     前に来たときは1〜2花つけた株がわずかにあっただけだったが、今回は賑やかな出迎えだった。濃い赤紫色は相変わらず印象的だった。
     余裕があると見つかる花も増えてくる。前回は気がつかない花をいくつも見つけた。

    同じ科の仲間の花
花アップ