ヤクシマフウロ(屋久島風露)

Geranium shikokianum var. yoshiianum


ヤクシマフウロ

  • 科名・属名
  • : フウロソウ科 フウロソウ属

  • 特徴

  •  草丈15〜20cmの多年草。
     葉は掌状に5中〜深裂し、幅1〜2cmと、母種のシコクフウロ(イヨフウロ)に比べて小さい。
     花は淡紅紫色で、径約2cm、花弁の紅紫色の筋が目立つ。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島) 山地の草地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月26日 鹿児島県屋久島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  前年、屋久島の山に登った際この花に出会った。
     しかし、花が1個の株ばかりだった。花つきがもともと悪いのに加え、時期が少し遅いのが原因だった。
     翌年再度挑戦したが、せいぜい2花の株しかなく、この辺で納得するしかなかった。

    同じ科の仲間の花
花アップ