ヒメウワバミソウ(姫蟒蛇草)

Elatostema umbellatum


ヒメウワバミソウ

  • 科名・属名
  • : イラクサ科 ウワバミソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     茎は多汁で、斜めに立つか、斜面に垂れ下がることが多く、紫色を帯びることがある。
     葉は互生し、歪んだ卵状長楕円形で長さ3〜6cm。先はウワバミソウより長く尾状に伸び、縁には5対以下の鋸歯がある。
     花は雌雄異株で葉腋につき、緑白色。雄花序には長さ1〜3cmの柄があるが、雌花序にはない。
     果実表面に突点が多い。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方以西)〜九州
     山地の沢沿いなど湿った場所

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月29日 佐賀県杵島郡
     雄花 1995年5月14日 東京都高尾山

  • 撮影記

  •  ウワバミソウに似ているが、葉の先が尾状に伸びるという違いや、鋸歯の数が少ないという特徴があるが、ウワバミソウの貧弱な株との区別は難しい。
     西日本に分布の中心があるが、いずらにしても同定の厄介な花である。

    同じ科の仲間の花
雄花