ミヤマイラクサ(深山刺草)

Laportea macrostachya


ミヤマイラクサ

  • 科名・属名
  • : イラクサ科 ムカゴイラクサ属

  • 特徴

  •  草丈40〜80cmの多年草。
     茎や葉に刺毛があり、触れると痛い。
     葉は互生し、円形〜広卵形で、長さ8〜20cm、幅5〜15cm。長い葉柄があり、鋸歯は上部のものほど大きい。
     花は雌雄同株、花は白色で、雌花序は上方の葉腋に20〜30cmの長い穂状につく。雄花序は5〜10cmで、下方の葉腋につく。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州
     山地の湿った沢沿い、林下

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年8月5日 長野県北安曇郡
     中 2007年9月1日 群馬県吾妻郡
     下左右 2007年8月5日 長野県北安曇郡

  • 撮影記

  •  この花は、ムカゴイラクサによく似ているが、葉腋にむかごはつかず、葉が広卵形〜円形であることなどが特徴である。
     生育場所も山地に多く、葉しか撮影してこなかったので注意していたら、山の沢沿いなどで結構普通に見られた。
     この仲間の特徴で刺毛があって触れると痛いので、気をつける必要がある。
     ただ、若芽の時は美味で、山菜としてよく食べられている。

    雄花序

    同じ科の仲間の花
そう果

雌花序